スペインが築いた偉大なるアパレル帝国

本日は、インディデックスの歴史についてお話したいと思います。

この大きな帝国は1人の人間によって作られ、これは一人の人生において作られた事を意味します。どのように生まれ、インディデックスを作り、現在このように全てのお店が発展したのかを知るだけの価値があります。

初めに伝えなくてはいけない事は、インディデックスはアパレル企業であるという事です。スペインではこの種類の企業は繊維製造業や流通業界において初の、基礎となるものでした。インディデックスには8つのブランドがあり、Zara, Massimo Dutti, Pull & Bear, Bershka, Stradivarius, Oysho, Zara HomeとUterquëです。世界73カ国、400都市に4500店舗以上展開していて、その本社はラコルーニャにあります。

1963年にアマンシオ ・オルテガ氏が他の国でも通用するような前進的なアパレル企業を創りたいという想いから設立した企業です。

最初のZARAのお店は1975年に今日、本社があるラコルーニャで開かれました。その後10年間の間にチェーン展開がスペイン中に急激に広まり、1985年にこの企業のグループのトップとしてインディデックスが作られました。スペイン中に広がった後にニューヨークやパリなど次々と店舗を展開しました。

1991年に、Pull & Bear という新たなブランドを創設し、1995年にMassimo Duttiを吸収合併しました。1998年には若者向けに作られたBershkaがオープンし、翌年1999年にStradivariusを買収しました。2001年にはOysho(インナーを扱う)が創設され、2003年にZara Homeがオープンし、主に部屋着や家に置く雑貨を販売しています。最後に2008年にはUterqüe(ファッションアクセサリーブランド)を創設しました。

2010年にはラコルーニャのZARA1号店が35周年を向かえ、ZARAはGAPの売上高を越え繊維部門で世界NO.1となりました。今日でも、GAPやH&Mよりも前で、世界の中のリーダーとしてのポジションを維持しています。

スペインでは、ZARAの洋服は日本と比べると半額になっていて非常に安く可愛いデザインがたくさんあります!洋服の回転も速く、いつ行っても新しい商品があるのでこれもZARAの魅力の1つだと思います。日本に未上陸のものもあるのでスペインに来た際は、いろんなお店を見てみて下さい!!!

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿