7/30-8/3の課外活動


2012/7/30 (月)

ティアトゥラの今週の課外活動は以下の通りです。

7/30 (月), 17:00pm: フィルム☆ナイト- スペイン映画にハマるきっかけとなるような、スペイン映画の名作の上演会を行います。
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間46分

7/31 (火), 18:00pm
: ボーリング大会- Calle de Toro近くのボーリング場でボーリングをして遊びます!
費用: 4ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 2時間

8/1 (水), 18:00pm: 短編映画- スペイン語のショートフィルムを観て、台詞をディベートします。 ※B1-C2クラスの生徒対象
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間

8/2 (木), 17:00pm: 写真教室- ティアトゥラのフォトコンテストです!カメラを持ってサラマンカ市街に繰り出し、ベストショットを目指しましょう。
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分

8/3 (金), 19:00pm: 洞窟探検withアイスクリーム- 街でアイスクリームを買った後、サラマンカの歴史的な洞窟を訪れます。
費用: 約2ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間


各アクティビティ参加のためには、事前にレセプションで申し込みが必要なので注意しましょう。(最小催行人数は3人) 費用について記述がない場合は、そのアクティビティは無料となります。アクティビティに参加することで、ティアトゥラの他の学生、異文化を知ること、また普段の授業とは異なった方法でスペイン語を向上することにも繋がります。積極的に参加しましょう!Vamos!

<今日の単語>
(la) ventaja- 利点
(la) harina-  麦
(la) garganda- 喉

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/

スペインの財政危機の原因

2012/7/25(水)

http://www3.nhk.or.jp/daily/english/20120710_26.html

7月末までにスペインに300億ユーロ(約3兆円)の財政支援を行うことで、EUが合意/しました。1年延ばしの2014年までに、スペインの財政赤字を3%以内に抑えることでまとまりました。

2012年5月時点での失業率がギリシャを超えて24.6%でトップ(若者の失業率は52.1%)。そんなスペインで何が起きたor起きているのか?スペインの財政赤字の原因を探ります。

主要な原因として「不動産バブル」が挙げられます。
02年のユーロ導入後に、物価、土地も安く温暖な気候のスペインにユーロ圏の住民から不動産ブームが巻き起こります。主にイギリスやドイツから来る別荘等住宅への投機資金により、バブル景気が巻き起こりました。その後、08年のリーマンショックにより世界的な金融恐慌が発生し、スペインの住宅への資金が次々引き揚げられ、不動産の価値が暴落してしまいました。不動産バブルがはじけ、不良債権が残り、本格的な大不況の幕開けとなってしまったのです。

外交の場でもちょいちょいスペインはじめ南欧諸国から「ドイツがこの財政危機を育んだ(_ _。)」と出るのは、おそらく当時の状況(多額の投資→引き揚げ)を引き合いにしたものだと考えられます。

12年5月、ついにスペインの大手銀行バンキアが国からの融資を返済できなくなり、国有化される事態となりました。同社が保有していた不動産資産というお荷物も政府が引き受ける形となってしまったのです。

たまらなくなったスペインは金融支援を要請、EUもスペインへの救済資金投入に合意せざるを得なくなりました。スペイン政府のみでは取り扱えないほど問題が肥大化してしまったためです。

もちろん、スペインだけでなく、隣国ポルトガルをはじめイタリア、アイルランド、そしてギリシャも財政赤字を抱えており、EU内の問題はここ数年でかなり深刻化しています。今回はスペインに限って触れましたが、EU全体の今後の動きに注目です。


<今日の単語>
ayuda económica- 経済援助
impuesto- 税金
sueldo- 給料


ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://supein-supeingo.blogspot.com.es/

7-23/27の課外活動


2012/7/23 (月)


ティアトゥラの今週の課外活動は以下の通りです。

7/23 (月), 17:00pm: フィルム☆ナイト- スペイン映画にハマるきっかけとなるような、スペイン映画の名作の上演会を行います。
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 2時間5分

7/24 (火), 時間未定
サルサ教室- サルサダンスの基本のステップを習います!
※申し込み〆切 7/23 (月)、14:00pm    費用: 5ユーロ
集合場所: モンクダンスアカデミー 行程時間(予測): 1時間

7/25 (水), 18:00pm: サラマンカ演劇の歴史- サラマンカの歴史的なシアターを回り、演劇への見聞を深めます。
※申し込み〆切 7/23 (月)、14:00pm    最低催行人数: 8人
費用: 10ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間

7/26 (木), 18:00pm: ボートで川下りトルメス川をボートでまったり下ります。
費用: 4ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分

7/27 (金), 19:00pm: タパスへの道- ティアトゥラスタッフ付き添いの元、サラマンカ市街のバーを回り美味しいタパスをつまみます。
費用: 約6ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分


各アクティビティ参加のためには、事前にレセプションで申し込みが必要なので注意しましょう。(最小催行人数は3人) 費用について記述がない場合は、そのアクティビティは無料となります。アクティビティに参加することで、ティアトゥラの他の学生、異文化を知ること、また普段の授業とは異なった方法でスペイン語を向上することにも繋がります。積極的に参加しましょう!Vamos!

<今日の単語>
(la) apuesta- 賭け
(la/el) pija/o-  気取った人
(el) puente- 橋

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/

デル・ボスケ監督がサラマンカに!

2012/7/18 (水)

記憶に新しいEURO Copa 2012mでのスペイン優勝。
先日、そのスペイン代表を率いるデル・ボスケ監督がサラマンカのマヨール広場に登場!
平日にもかかわらず、広場は人人人で埋め尽くされました(さすがスペイン..)。
そもそもデル・ボスケはサラマンカの出身なんですね。
私も一緒にいた友達に聞いて知りました。
ということで生まれ育った地にトロフィーをお披露目に出向いてくれたわけみたいです。



スピーチ自体は5分もなく、かなりあっさりしたものだったのですが、人々の熱烈な歓迎ムードにデル・ボスケのクールかつ紳士的な振る舞いの対比が印象的でした。


デル・ボスケ監督はサラマンカのスポーツ振興にも積極的で、ビセンテ・デル・ボスケ・キャンパス(http://campusvicentedelbosque.com/)というプログラムも運営しています。スポーツを通じた文化交流はものごとを豊かにするとの監督の理念。興味のある方は、上記ホームページまで。


<今日の単語>
(la)pizarra- 黒板
(el)sombrero- 帽子
(el)estómago- 胃袋

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/

7-16/20の課外活動

2012/7/16 (月)


ティアトゥラの今週の課外活動は以下の通りです。

7/16 (月), 17:00pm: フィルム☆ナイト- スペイン映画にハマるきっかけとなるような、スペイン映画の名作の上演会を行います。
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分

7/17 (火), 14
:30pm: ピクニック- トルメス川のほとりまでピクニックに出かけます。弁当持参!
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分

7/18 (水), 16:00pm: 乗馬体験- サラマンカの田園地方で乗馬を体験します。お勧めイベント!
川泳ぎができるので、希望者は水着持参。
費用: 25ユーロ(往復の交通費、馬のレンタル費含む)
※申し込み〆切 7/17 (火)、14:00pm    最小催行人数: 4人
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 3時間

7/19 (木), 17:00pm: 映画鑑賞- "LA PIEL QUE HABITO"という、ペドロ・アルモドバル監督最新作品をシネマで鑑賞。邦題「私が、生きる肌」
費用: 5ユーロ(要ティアトゥラの学生証)
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 2時間

7/20 (金), 19:00pm: 料理教室- 4種の料理の調理法を習います。(もちろんその後夕食会も!)
費用: 8ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間


各アクティビティ参加のためには、事前にレセプションで申し込みが必要なので注意しましょう。(最小催行人数は3人) 費用について記述がない場合は、そのアクティビティは無料となります。アクティビティに参加することで、ティアトゥラの他の学生、異文化を知ること、また普段の授業とは異なった方法でスペイン語を向上することにも繋がります。積極的に参加しましょう!Vamos!

<今日の単語>
gobierno- 政府
corbata-  ネクタイ
derecho- 法、権利

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/

バイリンガルであることの恩恵

2012/7/11(水)


The Bilingual Advantage
http://www.nytimes.com/2011/05/31/science/31conversation.html?hpw


さて、今日のテーマは、外国語を習得することのメリットです。まず真っ先に思い浮かぶのが、自分の価値観が広がる、国際舞台で活躍するチャンスが生まれる、といったとこでしょうか。

今回は少し視点を変えて、脳科学的な観点で見ていきましょう。長きにわたり、研究者や知識人の間では第2言語の習得は、(特に幼年期において)考える力や語彙力の発達に障害になると考えられてきました。しかし最近では、バイリンガルであることが脳に与えるプラスの影響が次々明らかにされ、いわゆるパラダイムシフトが起きています。


2つ(以上)の言語を日常的に使用していると、脳のExecutive control systemという特定の部位の働きが活発になると、40年以上に渡ってバイリンガル脳の影響について研究してきた認知神経科学者のEllen Bialystok氏は述べています。ただ、残念ながら大学の授業で取った第2外国語等、限定的な機会でのみ外国語を使うのでは意味はないそうです。

その上でバイリンガル脳の恩恵は大きく分けて以下の3点。
1.マルチタスクの扱いが上手くなる。
2.認知症になりにくくなる。
3.異文化へのコネクションが深まる。

頭の中で2つの言語を繰り返し切り替えて使用いく中で脳にプレッシャーが加わり、必然的に物事を並行して処理する能力、すなわちマルチタスクの向上に繋がるようです。また、バイリンガルはモノリンガルに比べてアルツハイマー症の発症がおよそ4~5年遅いとの研究も、同氏によって明らかになっています。子供の頃からバイリンガル脳が鍛えられる環境にいる方が効果が高いものの、中高年から習得を始めても、ある程度予防の効果は見られるようです。そういった抵抗力が強いのも、知的な部分で発達が見られるためなのでしょうか?もしくはなんらかの脳の構成成分に影響を与えているのか、今後更なる研究の成果が期待されます。また、個人的に大事だと思うのが3点目です。日本にいると、海外のニュースをはじめ様々な情報が日本語で簡単に手に入ってしまいます。テレビも日本のテレビ番組一辺倒。普通に暮らしていては日本語以外で海外の情報に触れる機会はまずありません。日本語という包装で包まれていない、リアルな異文化、考え方に直に触れ、理解できる機会を得ることも大きなメリットであると言えます。


以上、バイリンガルであることは、出世や海外勤務等キャリア的な側面を除いても、脳科学的に非常に有益であることがわかっていただけたのではないでしょうか。語学習得の一つのモチベーションとして捉えてみても良いかもしれません。留学は、その国の言語に常に触れ、バイリンガルになるための大きなステップとなるでしょう。


<今日の単語>
hacer cola- 列に並ぶ
manjar- ご馳走
aceite- 油


ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://supein-supeingo.blogspot.com.es/

7-9/13の課外活動


2012/7/9(月)

ティアトゥラの今週の課外活動は以下の通りです。

7/9 (月), 19:00pm: タパスへの道- ティアトゥラスタッフ付き添いのもと、サラマンカ市街のバーを回り美味しいタパスをつまみます。
費用: 約7ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分

7/10 (火), 20
:45pm: 洞窟探検- サラマンカの神秘的な洞穴へティアトゥラの生徒を招待します。
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 30分

7/11 (水), 22:00pm: フラメンコショー- ギタリスト、パーカッショニスト、コーラスに3名のダンサーによる"Solo Flamenco"ショーです。サラマンカで手軽にフラメンコを見る良い機会!今週のお勧めイベント!
※申し込み〆切 7/11 (水)、17:00pm    費用: 10ユーロ
集合場所: カンファレンスセンター (ティアトゥラが事前に行き方を教えます)
行程時間(予測): 1時間30分

7/12 (木), 10:00am//18:00pm: チョコラテ+チュロスサラマンカの代表的なチョコラテ、チュロスにトライします。
費用: 4.10ユーロ(チョコラテ(大)+チュロス3本)
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間

7/13 (金), 19:00pm: パーティーティアトゥラ主催で、夏の始まりを祝うパーティーを催します!サングリアにおつまみも有り。チェケラ!
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分


各アクティビティ参加のためには、事前にレセプションで申し込みが必要なので注意しましょう。(最小催行人数は3人) 費用について記述がない場合は、そのアクティビティは無料となります。アクティビティに参加することで、ティアトゥラの他の学生、異文化を知ること、また普段の授業とは異なった方法でスペイン語を向上することにも繋がります。積極的に参加しましょう!Vamos!

<今日の単語>
cuanto tiempo- 久しぶり
dentro-  中
fuera- 外

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/

サラマンカ近郊の街2~セゴビア~

2012/7/4(水)

さて、第2回目の街紹介です。今回もカステーリャ・イ・レオン州から
水道橋が有名なセゴビアの紹介!


早速ですが、セゴビアは個人的にすごくお勧めです!
サラマンカやマドリードとはまた違った、中世の景観を色濃く残す美しい街です(*´∀`*)
サラマンカから前回紹介したアビラを経由して、約2時間半のバスの旅でしたが、
Expressや電車を使ったもっと早いプランもあるかもしれません。
参考までに今回使った、というかいつも使っているバス会社はこちらです↓
『Avenzabus』
http://www.avanzabus.com/web/default.aspx


ローマ水道橋
















バスを降りて新市街を歩いていると、そびえ立つ水道橋が出迎えてくれます。
水道橋付近が開けた広場になっていることも相まって、
壮大なスケールに感動してしまいました。
水道橋横の階段を上って、パノラマのような街を見渡すこともできます。
ローマ人によって1世紀頃に建設されたと言われるこの水道橋と旧市街は
世界遺産に登録されており、なんと今でも使用が可能だそうです!


カテドラル




















旧市街にどーんとそびえる、巨大なカテドラルです。
正面からだと入りきらないので、裏手から撮った写真です。
アビラ同様、ここでも結婚式が行われていました!
ゴシック様式で、美術品も貯蔵されており、
どことなくサラマンカのカテドラルに似てるような気がします。

アルカサル




















旧市街の外れに建つ、メルヘンチックな外観のお城です。
なんと、白雪姫の舞台のモデルとなった場所だそうです!
中の武器庫には甲冑や中世の武具が壁一面に飾られており、興奮しました。
塔の上に登ることもでき、セゴビアの街一帯を見渡せます。


また、セゴビアは子豚の丸焼き(Cochinillo Asado)が有名で、観光客向けのレストランが水道橋やカテドラル近辺に軒を連ねています。今回は、どのガイドブックにも載っているような水道橋前の有名店「メゾン・デ・カンティド」へ。

















丸焼きにした子豚を目の前で取り分けてくれます。料理をお皿でさくさく切って、柔らかさをアピールするサービス?もあり。申し訳ないんですが、味は普通でした(・Θ・;)次回、機会があれば地元のお店を試してみたいです。


ともあれ、私がセゴビアに行ったときはちょうどお祭りの準備期間で、街中で音楽隊がパフォーマンスやパレードをやっていてとても賑やかでした!街の人も何だか余裕ありげで、穏やかな気分になれる街なので、是非一度サラマンカから足を運んでみてください!


<今日の単語>
de nada- どういたしまして
tinta- インク
pared- 壁

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/

7/2-9の課外活動

2012/7/2(月)

昨夜はスペインがユーロ2012優勝で、サラマンカも大盛り上がりでした!プラザマヨール広場が赤と黄色、スペインの国旗を模した色でライトアップされ、人人人赤赤で溢れかえる。。興奮に満ちたGran nocheでした!

さて、今日はお得な情報から。
ティアトゥラでは期間限定で特別キャンペーン
"HOY"割引を実施しています。
本日7/2にティアトゥラに申し込むと、なんと
21%ものコース料金割引が適応されます!
明日の割引率は20.5%、明後日の割引率は20%といったように割引率は1日ごとに0.5%ずつ下がっていくので、申し込むのが早ければ早い程お得なプランです。スペイン語学校を迷っている方がいらっしゃいましたら、この機会に是非どうぞ。
詳細↓
ティアトゥラ特別キャンペーン
http://www.supein-supeingo.com/offers/


ティアトゥラの今週の課外活動は以下の通りです。

7/2 (月), 17:00pm: フィルム☆ナイト- 「TAPAS」という2008年公開の、スペイン映画の名作の上演会を行います。
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間34分

7/3 (火), 
19:00pm: カリストとメベリア庭園- プラザマヨール広場でアイスを買った後、カテドラル裏に位置するカリストとメベリア庭園を見て回ります。
費用: 2~3ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間

7/4 (水), 19:30pm: 文学会議- グラン・ビア広場近くのカフェバーで詩人のAntonio Orihuela氏を招いて催されます。Association cultural Pentadrama主催
費用: 5~6ユーロ (参加人数によって変動)
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分

7/5 (木), 19:00pm: 料理教室- パエジャの調理法を習います。(もちろんその後夕食会も!)
費用: 7ユーロ
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間

7/6 (金), 19:00pm: サラマンカ市街ガイドツアーティアトゥラの先生がガイドとなり、サラマンカの歴史的な建造物を巡ります。ただのガイドブックには載っていない、スペイン人だからこそ知っているサラマンカについての蘊蓄を聞けるでしょう。
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間


各アクティビティ参加のためには、事前にレセプションで申し込みが必要なので注意しましょう。(最小催行人数は3人) 費用について記述がない場合は、そのアクティビティは無料となります。アクティビティに参加することで、ティアトゥラの他の学生、異文化を知ること、また普段の授業とは異なった方法でスペイン語を向上することにも繋がります。積極的に参加しましょう!Vamos!

<今日の単語>
hijo único- 一人っ子
hijo/a- 息子、娘
privacidad- プライバシー

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/