スペイン語の略語

みなさんはスペイン語の略語をご存知でしょうか?
メールを打つ時に役立ち、またスペイン人達からも略語で送られて来る時があるので本日は略語の意味をお伝えしたいと思います!!!


1.q(k) tal?

Qué tal?(元気?調子はどお)

2.xfa xf

Por favor(お願いします)

3.dnd kdms

Dónde quedamos?(どこで会う?)

4.TQM

Te quiero mucho(とても愛しています)

5.qnd

cuando(いつ)

6.xq

porque(何故)

7.bss

besos(キスを意味し、メールの文末に良く使います)

8.find smn

fin de semana(週末)

9.Q acs

Qué haces?(何してる?)

10.tb/tp

también/tampoco(…もまた/…もまたない)

11.xa

para(為に)

12.nxe

noche(夜)

13.wnas

buenas(良いという意味でbuenas tardesでこんにちは、buenas nochesでこんばんはとなります)

14.Q tpsa

Qué te pasa?(何があったの?)

みなさんは何問わかりましたか???
Queを略す時はQとKの両方共使う事がありますがスペイン人曰くQを使う方が正しいと言っていました!
これらの略語を使ってスペイン人達とコミュニケーションを取り、スペイン語を上達させましょう!!!

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

スペインのクリスマス、年末年始

あっという間にクリスマスシーズンですね。日本での華やかなイルミネーションが登場していると思います。日本とは違い、スペインではBelénという飾りが一般的で、ベレンとはキリストがベツレヘムの馬小屋で生まれた様子を人形などのミニチュアで再現したものです。

スペインのクリスマス、年末年始について本日はお話したいと思います。

まずは1224日、クリスマスイブについてです。スペインではNochebuenaと呼びます。基本的には家族で過ごします。日本では恋人たちの時間というイメージが強いですよね。スペインでは家族で夕食を食べ、クリスマスのお菓子、マサパン(アーモンドの粉を練った練り菓子)、トゥロン(アーモンドとはちみつとたまごを混ぜて固めたもの)、ポルボロン(小麦粉を使ったお菓子でアーモンドの粒が入っています)などを食べます。どれも非常に甘いです
25日のクリスマス当日も24日と同じ様に過ごします。スペインでは25日をNavidadと呼びます。25日といえば、子供たちにとってはプレゼントをもらえる日だと思うのですが、スペインでは16日のDía de los Reyes Magos (東方三賢人の日)にプレゼントをもらう事が出来ます。こちらに関しては次回の記事でお伝えしたいと思います。

1231日の大晦日はスペインではNoche viejaと呼びます。家族で過ごしたり、友達と過ごしたり人それぞれですが、若者は友人とパーティー(Fiesta)をして過ごす人も多いです。新たな年に変わる12時の1分前になるとテレビで鐘の音を生放送します。(公式にはマドリッドのSol広場)そして鐘が鳴る度にぶどうを1つずつ食べます。全部で12個食べ、全て食べると良い一年を迎えられると言われています。そしてその後、スペイン版シャンパン(カバ)を飲んでお祝いをします。また赤い下着を身に付けると良いと言われているそうです。


今年は1231日と11日はマドリッドで過ごす予定なので非常に楽しみです。以前マドリッドの大晦日の動画を見たのですが、花火もあがり、非常に盛り上がっていました。サラマンカでもPlaza Mayor
でお祝いがあるそうなので、サラマンカにいる方は是非参加してみてください。

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

Nochevieja Universitaria(大晦日のパーティー)


先週の木曜日はPlaza Mayor(プラサマヨ-ル)で一足早く、大晦日のパーティーが行われました。サラマンカは学生が多い街で有名だという事はみなさんもご存知だとは思います。なので実際、クリスマス休暇に入ると多くの学生はそれぞれの都市、国に戻ってしまいます。日本人の私はなかなか気軽に日本に帰る事は出来ないですし、それよりもヨーロッパの方々は家族との時間を大切にするイメージがあります。という事で、学生に向けてのパーティーが行われました。

当日はDJ19時頃から音楽をかけ始め(マドリッドのPuerta del solで行われる大晦日のパーティーでもDJは来ないらしいです)、22時くらいにはPlaza Mayorは人で溢れていました。ビニールで出来た棒を持ち、様々な光が射す中でお酒を飲み、写真を撮りました。普段はとても寒いサラマンカも人がたくさんいたおかげでとても暖かかったです。私は少し疲れてしまい、23時には帰ってしまったのですが、メインはこの後のカウントダウン!24時なる前に12回鐘が鳴るのですがそれに合わせて葡萄を食べます。私の先生曰く小さい葡萄にしないと、実際鐘に合わせて全部食べるのは難しいとの事です。今回のこのパーティーではグミが無料で配られていたみたいでそれに合わせてみんな食べていたそうです。

私は大晦日はマドリッドのPuerta del solに行く予定なので、葡萄を食べきって、良い新年を迎えたいと思います!!!

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

私の楽しみ。。。


私の楽しみの1つを本日はご紹介したいと思います。

 

それは、、、、、、

 

映画鑑賞です。ティアトゥラではDVDの貸し出しもしてくれます。字幕付きのものと、字幕なしのものがありますがスペイン語を勉強するのに非常に役立ちます。

ティアトゥラでたくさんDVDを借りて観たおかげで、生きたスペイン語を学ぶ事が出来、以前はあまり好きではなかったアルモドバルの作品が今では好きになりました。今までに全部で15個以上は見たのではないかと思います。

その中でいくつか厳選してみなさんにお勧めしたいと思います!個人的な意見にはなりますが。

★La mala educación アルモドバルの半自伝的と言われている作品。少年時代の友情と愛情、成人して再会した2人の話が描かれています。

★La piel que hábito アルモドバルの2011年の作品。人工の肌を作るのに執着する形成外科医と彼の亡き妻にそっくりな謎の美女『ベラ』のお話。後半から二人の関係がわかってくる所が面白いです。

★La lengua de las mariposas スペイン内戦が始まる直前頃のお話。病気がちな子供とその子の学校の先生が徐々に心を通わせるお話。涙なしでは見る事が出来ません。

この3作品は既に2回見ました!!!何度見ても楽しめるのではないかと思います。昔はあまりスペイン映画が好きではなかった私も今は大好きになったので、みなさんもスペイン映画の虜になって頂けたらと思います!!!


ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

12/16-12/20の課外活動

ティアトゥラは今週が終わると、クリスマス休暇に入ります!それぞれの国に戻ったり、旅行に行ったりと離れてしまうので寂しいです。。。

それでは、12月16日から20日までの課外活動です。

 

12/16(月曜日) 映画 LA PRIMERA NOCHE DE MI VIDA de Miguel Albaladejo(1998)

集合時間 1800 集合時間 ティアトゥラ 上映時間 85

 

12/17(火曜日)展示会 市役所のベレンと大工の子供の展示会

集合時間 1830 集合場所 ティアトゥラ 行程時間 1時間

 

12/18(水曜日)スケート スケートをしに行きましょう!!!

集合時間 1730 費用 5ユーロ(学生は2人で5ユーロなので12.5ユーロになります)集合時間 ティアトゥラ 行程時間 45

 

12/19(木曜日) 料理のクラス FIDEÚA(にんにくオイルであえた麺)

バレンシアの一般的な料理、FIDEÚAを学び、食べましょう!!!

集合時間 1830 費用 7ユーロ 集合時間 ティアトゥラ 行程時間 1時間

 

12/20(金曜日) クリスマスパーティー 

ティアトゥラが企画するパーティーです。歌って、プレゼント交換をして、お酒を飲んで、休暇とクリスマスの訪れをお祝いしましょう!!!

集合時間 1200 集合場所 ティアトゥラ 

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

私のもう一つの目的


私の今回のスペイン生活の目的は2つあり、一つはティアトゥラでインターンをしながらスペイン人達と働く経験をする事。そしてもう一つは、DELEB2合格です。

という事で、201311月のDELEを受けてきました。スペインでは日本の時間割とは少し違い、1120日の水曜日に口頭試験があり、残りの読解、聞き取り、作文の試験は22日の金曜日に行われました。

私は2か月間、ティアトゥラでDELE対策の授業を受講しました。クラス自体も少人数で、集中してDELEの対策をする事が出来ました。また、2013年の8月の試験から問題形式が変わり、難しくなってしまいかなり不安だったのですが、どうやって解くのか、何に注目すればいいかなど、解き方を教えてもらう事が出来、作文に関してもただ単に添削をするのではなく、内容、文法、指示通りに書けているかなど、各パートの点数と総合点を点けてくれたので、今の自分に何が足りないのか明白になり勉強がし易かったです。

試験当日も先生が試験会場までついてきてくれたので、安心して受ける事が出来ました。こうゆう気遣いも嬉しいですよね。更に、これで問題を解けば受かるよ!!!と鉛筆もくれました。

結果は2か月後なのでまだわかりませんが、どちらの結果にせよ、今後もスペイン語の勉強を頑張りたいと思います。DELEの受験を考えている方には是非ティアトゥラの授業をお勧めしたいです。

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

12/9-13までの課外活動


先週末からサラマンカのイルミネーションも点灯し始めました!!!派手ではないのですが可愛らしくて見る度にテンションが上がります。

それでは、12月9日から13日までの課外活動です。
 

12/9(月曜日)祝日 8日が聖母被昇天祭(聖母の無原罪の御宿り)で祝日だったので振替でお休みです。


12/10(火曜日)映画 El laberinto del fauno (Guillermo del Toro 2006)
集合時間 1800 集合場所 ティアトゥラ 上演時間 112

12/11(水曜日)氷の上のスケート コルテイングレスの裏にあるConcordia広場でスケートをやりましょう!!!
集合時間 1730 集合時間 ティアトゥラ 費用 5ユーロ(学生は2人で5ユーロになります) 行程時間 45

12/12(木曜日)大晦日のお祭り
19時からプラサマヨールで光のショーやDJによる音楽などがあります。
ティアトゥラはみなさんが参加するのをお勧めします!!!

12/13(金曜日) パーティー 仮装パーティーをしましょう!
冬の訪れを仮装してみんなでお祝いしましょう!!!
集合時間 1930 集合場所 ティアトゥラ 費用 行程時間 1時間半

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/
 

私の初めてのマドリッドへの旅行!

サラマンカはスペインの首都、マドリッドから約2時間半の所にあるのですが、今まで行った事がありませんでした。今回は以前ティアトゥラのELEのクラス(スペイン語の先生になりたい人のクラスで主にスペイン人が受講します)で仲良くなったスペイン人の友人がマドリッドに住んでいるので遊びに行きました。




着いた時は夕方だったので、マドリッドのプラサマヨールに食事に出掛け、そこで初めてモルシージャを食べました。これはご飯と豚の血を腸詰めしたものになります。友人からは何が入っているか知ったら食べたくなくなるよと言われたので、何かわからず食べたのですが私はすごく好きな味でした。翌日は、朝からとても広くて有名なレティーロ公園に行きました。道では大道芸をしたり、お芝居をしたりと歩いているだけでも非常に楽しめました。

レティーロ公園には、以前画像を見てからずっと見てみたかった建物がありました。クリスタル宮殿です。光が至る所から入り、心地良くとても素敵な場所でした。
 
 
 
その後、スペインといえばサッカーが有名!という事で、レアルマドリッドのスタジアム前で写真を撮ったりして過ごしました。普段あまりサッカーを見ない私もスタジアム前で写真を撮った後は試合を見に行きたいと思いました。

またその夜は友人のお家でパエリヤをご馳走になりました。パエリヤが大好きな私は家庭料理としてパエリヤが食べられる事に感動しました。また私はティアトゥラの学生とピソをシェアして暮らしている為、初めてスペインの家庭に触れ、とても暖かく、みんな陽気で非常に楽しい時間を過ごせました。マドリッドを知るだけではなく、スペイン人の暮らしを知る事が出来、有意義なマドリッドの旅行となりました。


ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

新たな仲間!!!

本日は新たな仲間のご紹介ですっ!!!

私はリアーナと言います。3週間前からティアトゥラでインターンとして運営とマーケティングの分野で仕事をしています。6か月間の間みなさんにティアトゥラの事、サラマンカの事、スペイン語、その他の様々な活動についてお知らせします。

なぜティアトゥラを選んだのか?
大学院でマーケティングの勉強をした後、インターンとして小さい会社で自分の知識を試すのが非常に良い経験になると思いました。また小さい頃からスペイン語に興味があったので、インターンとスペイン語の勉強というこの2つの組み合わせは完ぺきな機会だと思いました。多くの評価を見て、多くの評価がポジティブなものだったので、ティアトゥラでインターンをする事に決めました。

何故サラマンカ?
サラマンカは小さい街ですが、多くの学校があり、多くの学生がいます。また多くのバルやレストランもあり、常に多くの人が集まっています。小さい都市ですが、とても魅力的で、小さいので全て歩いて見る事が出来ます。

第一印象
私の第一印象はサラマンカに来る前に予期していたものと同じでした。ティアトゥラはあまり大きい学校ではないので少人数教育をしているので、一人ひとりに注意が行き届いています。また、日々、夕方に行われている課外活動によってレベルが異なっても、多くの学生を知る機会があります。

ティアトゥラは様々な国の学生を引き付けています。例えば私のクラスはドイツ、イタリア、スコットランド、中国、韓国、アメリカの人々がいます。最大人数は10人なので、常に小規模に保たれています。また、年齢差も幅広くアットホームな雰囲気です。私はサラマンカ、そしてティアトゥラでの時間が素晴らしく、新たな経験になるだろうと思っています。

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com

インテルカンビオ!!!

金曜日の夜、ティアトゥラの他のインターンの仲間であるジョシュがインテルカンビオを企画してくれました。彼の家で学校の仲間とELEのクラスを取っている人達と共に一緒に料理を作りました。


ELEのクラスはスペイン語の先生になりたい人のクラスで、スペイン語を教える技術を上げる為にこのクラスを取っていて、クラスの見学に来る事も良くあります。なのでスペイン人が多く、スペイン人と仲良くなれる良い機会にもなります。

インテルカンビオはお互いの母語を相手に教えながら自分の語学力を上げる活動です。例えば、スペイン語を勉強したい私達のような日本人と日本語を勉強したいスペイン人がお茶などをしながら、半分の時間はスペイン語で会話をし、残りの半分は日本語で会話をするといった方法です。お互いにメリットがありますよね。

しかし、今回の場合はELEの授業を取っている人達とずっとスペイン語練習をする事が出来ました。幸運にも英語の練習をしたい人がいませんでした。初めはぎこちなかったのですが、すぐにみんな混ざり、スペイン語での会話が始まりました。スペイン語を練習するのに非常に良い機会であり、手作りでサングリアを作りました。その後街の中心地にみんなで出掛け、インテルカンビオは終わりました。

ティアトゥラは他の学校と違い、スペイン人が受講するクラスもありスペイン語のネイティブと話せるのは非常に貴重ですよね。私もこのELEを受けていたスペイン人と仲良くなり、みんな様々な地域から来ているので、他の都市に行った時は泊めてもらったり、メールのやりとりなどで親交を深めています。

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com

12/2-6の課外活動

今週末、スペインは6日が祝日で9日も祝日なので4連休です。何をしようか考えるのも楽しいですよね。
 
それでは、12月2日から6日までの課外活動です。

12/2(月曜日)チュロス Valorでチョコラテコンチュロスを食べましょう!!!
集合時間 18時 集合場所 ティアトゥラ 費用3から5ユーロ(人それぞれ) 行程時間 1時間

12/3(火曜日)ダンスの授業 ラテンダンス
集合時間 2000 集合場所 ティアトゥラ 費用4ユーロ 行程時間 1時間
(このアクティビティが行われるのには最低8名必要です)

12/4(水曜日)料理の授業 クリスマス料理
2品プラスデザートを作りましょう!!!
集合時間 2000 集合時間 ティアトゥラ 費用 10ユーロ 行程時間 1時間30

12/5(木曜日)インテルカンビオ スペイン語のクラスの生徒の英語のクラスの生徒でインテルカンビオをしましょう!!!各言語30分ずつです。
集合時間 1930 集合時間 ティアトゥラ 行程時間 1時間30

12/6(金曜日) 祝日(スペイン憲法が出来た日)

 
ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

マリケロ!!!

サラマンカの伝統行事を一つご紹介しましょう!!!

Ángel Rufino de Haroが死者の日(111日)の祝日の前日に、サラマンカでは伝統となっているある行事を行いました。ティアトゥラの生徒達もこの機会に、サラマンカの新カテドラルの頂上に登るのを熟視しました。

神に感謝するという形で1755年にこの伝統が始まりました。原因はリスボンの地震です。サラマンカにも影響があったのですが、カテドラルに避難したサラマンカの人々は誰一人として犠牲になりませんでした。

200年後、40分間の間、333の階段とカテドラルのドームの周りの最も高いに登るというこの伝統が民俗学者のÁngel Rufino de Haro によってel Mariquelo と名付けられ、彼は1985年からこの伝統を再び始めました。

この日はとても朝寒かったのですが、晴れ渡っていました。10時半には伝統的なサラマンカの衣装に着替え、その時には多くの見物人が広場で待っていました。

200段目で、カテドラルの時計がある小さな窓からちらりと彼の姿が見えました。

その後、63段上がると、もうそこはとても狭くて人1人がほとんど入らない場所で、カーブになっています。

こうして、最後の手すりの部分まで行くと、外に出て、最後の行程を登ります。

頂上に着くと、縦笛と小太鼓を演奏しながらla charradaという彼自身が作った鼻歌を歌います。

その後、世界の幸せが続くことを象徴する鳩を放ちます。                   

生徒たちはこの伝統的は行事をじっと見つめ、満足した様子でした。

私も当日は外で見学しました!学校の前から見たので少し小さかったのです、ハラハラしながら見守りました。一味違った伝統行事が見れて大満足でした。

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/