先生紹介①



ロサに引き続き、先生たちにもいくつか質問をしてみました。
左から、主任教師のMontse(モンセ)と、Carmen(カルメン)、Nela(ネラ)です。

先ずは、モンセから…

Q. お名前は?……A. Montserrat Villar González
 
Q. スペインのどこ出身?…… A. ガリシアのオウレンセ(Orense)にあるCortegada という村

Q. スペイン語教師歴は?…… A. 16年

Q. 他の国に住んだことはありますか?
  …… A. ポルトガルに1年、ポルトガル語を学びに行きました(Erasmus)。

Q. モットーは?…… A. 'Solo puedo explicar a mis alumnos lo que realmente entiendo' (生徒に何かを説明するには、先ず自分がしっかりと理解していなければならない) 


そんな勉強家のモンセは、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学とサラマンカ大学で言語学を学び、本も3冊出版しています。

・El verbo español, teoría y practica (スペイン語の本。ブルガリアのみ)
・Portugués empresarial y comercial(ビジネスポルトガル語)
・Triptico de Mármol (詩集)

その他、スペイン語の教科書の添削などもしていて、すごく教えるのがうまいと評判です。
オーラがあるので、最初に話す時は緊張するかもしれませんが、「私、日本人の姉妹がいるの!」と言うくらい仲のいい日本人の友人がいるそうで、日本にも来たことがある親日家です。「ブルガリアの首都の名前がついている大学でスペイン語を教えているはず!」と言って、一生懸命上智大学のホームページで友人の写真を探していました(結局見つかりませんでしたが…)。



続いては、カルメン…

Q. お名前は?……A. María del Carmen Miguel Cascón
 
Q. スペインのどこ出身?…… A. サラマンカ

Q. スペイン語教師歴は?…… A. 6年

Q. 他の国に住んだことはありますか?…… A. 大学で英語学を専攻していたので、英語の勉強のためにイギリスで夏の間のオペアを3回したことがあります。

Q. モットーは?…… A. 'Un idioma es como un puzzle, primero tienes que conocer todas las piezas y después puedes colocarlas juntas' (言語とはパズルのようなもの。初めは全てのピースを知らなければならないが、後は組み合わせるだけ)

カルメンの授業は、とてもテンポが良く、楽しく話しながら沢山のことを学ぶことができます。
何か間違えると文を最初から言わなければならなかったり、単語の意味を質問すると、解説後に話題が変わっても、何度も同じ単語を別の文に組み込ませて話してくれたり。単純なことですが、繰り返すことで自然と身につくものだなぁと実感できる授業です。


最後はネラ…

Q. お名前は?……A. Nela Marcos Escribano
 
Q. スペインのどこ出身?…… A. サラマンカ

Q. スペイン語教師歴は?…… A. 12年

Q. 他の国に住んだことはありますか?…… A. 語学の勉強のために、ブラジルに6ヵ月、イギリスに1年 いました。その他、アメリカで4年スペイン語教師をしていました。

Q. モットーは?…… A. 'Profesor perezoso, estudiante trabajador' (怠け者の教師、働き者の生徒 ⇒ 教師が全て説明してしまうのではなく、生徒が自分の頭で考えながら一緒に問題を解決していくことで共に前進して行ける)

海外経験が豊富なネラは、諸外国文化への知識も豊富です。
スペイン語を学びながら、他文化との違いなどについても学ぶことができます。
いつもかわいい洋服(ヒッピー風?)を着ているので、そのあたりもチェックしてみて下さい!



以上、先生紹介①でした!







.