天才ピカソの生涯

ピカソは20世紀の芸術を変革した誰も真似出来ない創造者です。膨大で、多様性があり、才能溢れる彼の作品は75年の創造者としての活動の間に普及し、愛、政治、友情、生きる喜びを上手く両立した画家です。
若い時から有名で著名で権力のある人々に賞賛されました。彼は元々、素朴で感じが良く、寛大な人でした。またフランスのボヘミアン、地中海の太陽、牛、素朴な人、美しい女性を愛し、一心不乱に彼の仕事に励みました。

ピカソは1881年の10月25日にマラガで生まれ、彼のお父さんは美術学校で絵の先生をしていました。幼少期は家庭の経済的困難さと父親との関係に悩みながら過ごしまた。子供の頃は控えめで、怠惰で注意力が散漫だったが、父が絵を書くように刺激したので絵に関して早熟でした。

1891年に家族はラ・コルーニャに移動し、そこでピカソは絵の練習を始め、3年後には彼の父親や彼の先生はピカソの才能を賞賛しました。1896年にはわずか15歳で彼の初めてのアトリエを作りました。

その二年後、ピカソはマドリッドの大きな展示会において名誉職手にしました。

1901年に後に青の時代と呼ばれる作風が始まり、次の年にはパリで初めて展示会を行い、1904年にはパリに引っ越す事を決めました。ピカソは他の芸術家達と暮らし、3年間休む事無く書き続け、1907年にキュービズムのアヴィニョンの女達を描きました。



1914年に戦争によって悲劇が訪れます。友人達が戦争に召集され、さらには当時の恋人が急死しました。ピカソはキュービズムを辞め、芸術家として他の道を探しました。戦争が終わる頃には新たにバレリーナのオルガと恋に落ちたのですが、一方で召集された友人をこの戦争によって亡くします。1918年にピカソはオルガと結婚しました。


1918年に書いたピカソの母親の肖像画が1930年に賞を取り、ピカソは豪華な別荘を借りて、スペイン中を旅行して過ごしました。1937年にはゲルニカをパリで描き、その2年後にはニューヨークの現代美術館で大きな展示会を行いました。このようにピカソは1973年のなくなるまで創造し、恋をし、仕事をし、激しく生きました。彼は生涯4人の子供をもうけ、その内の一人にはスペイン語で鳩を意味するパロマという名前を付けました。彼は鳩が大好きだったそうです。

ピカソの絵は時期によって全く違う作風に見えますよね。一人の画家で作品でこんなに楽しめる人は他にはいないのではと思います。普段はあまり美術館に行かない私も以前マラガを訪れた時にピカソの美術館に行き、非常に感動したのを今でも覚えています。

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

ビルバオでの発見

先日、ビルバオに遊びに行った働く仲間のお話です!!!

サラマンカで多くの時間を過ごしているので、先週末、ここから近い所にある数多くの素敵な都市の1つ、ビルバオに行ってきました。

多くの人が私にビルバオについて良い所であると話すのを聞き、またサラマンカはサラマンカの周りの他の都市に行きやすいので、非常に早くて、とても安い電車で行く事にしました。

サラマンカとは非常に異なる都市ですが、ビルバオはすべき事がたくさんあるとても魅力的な都市です。
実際、土曜日に到着するとすぐ、歴史的な中心街がある事に気付き、そこには様々な種類のお店がありました。また、通りはスペイン様式である事を特徴付ける作りでした。つまり、家は小さく、バルコニーがあり、そこには様々な色のお花がありました。また、石造りの教会や博物館もありました。

私は、最も有名なグッゲンハイム美術館に行きました。入場する為の長い待ち時間にも関わらず、多くの人がいました。しかし私は待つ価値があると思いました。そして美術館を出た時、私は蜘蛛の形をした有名な彫刻を見付けました。そこには、この彫刻の近くで写真を撮る為に多くの観光客が周りにいました。

他に訪れた博物館はビルバオの伝統的なものがある博物館で、伝統的なダンスの衣装や、猟師達の昔の服、旧石器時代の道具などが展示されていました。

日曜日のお昼はPlaza Mayor(街の中心にある広場)で食べる事に決め、そこには様々な種類のピンチョスやタパスなどのその土地ならではの食べ物がたくさんありました。

このように様々な素晴らしい場所があるのですが、私が最も好きなのはこの街の夜です。多くのお店が夜遅くまで営業し、通りはイルミネーションされ、これらによって古き時代と現代の都市が融合したような特別な雰囲気を作り出していました。

私の旅を終え、サラマンカに帰る電車に乗るために駅に向かう前に、最後の時間を川の近くを散歩し、非常に奇妙な形が特徴的な橋を渡って時間を過ごしました。


川の流れに沿って、この景色を見るために、散歩やサイクリングをしている多くの観光客や地元の人達がいました。

私は、非常にリラックス出来、旧市街(多くの人がいる)と川の近く(より静かな地域)の対照的な街を楽しむ事が出来興味深いものとなりました。

ビルバオは簡単に歩いて散策出来、お祭りのような雰囲気もあり、文化的要素も含まれてる素敵な街の1つです。

Valeria, estudiante de prácticas enTía Tula

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/


パエリヤの作り方を学ぼう!!!

本日は先日料理教室に行った友人のお話をしたいと思います。



スペインの有名な料理の中でも最も有名なものの一つは疑いなくパエリヤでしょう。パエリヤは素晴らしい食材の組み合わせであるという事だけではなく栄養もあり、健康的で個性的な料理であると理解されています。

私はずっとどのようにパエリヤを作るのか学びたいと思っていましたが、不幸にも、ティアトゥラに来るまで、その機会がありませんでした。

学校の企画による課外活動のリストでパエリヤの作り方を学ぶスペイン料理のクラスがあり、すぐに参加を決めました。授業は中心街からあまり離れていない所で行われ、そこのオーナーの方はとても親切で、授業の間いつも私達を楽しませてくれました。

私は、お魚を使ったパエリヤを作ると聞いた時、すごく嬉しくなりました。何故なら、数あるパエリヤの種類の中でも、このパエリヤが最も好きなパエリヤだからです。混ぜたり、切ったりし、パエリヤに必要な材料を全て準備しました。この準備が終わるとゆっくりとこれらを使ってどのように調理するのか指導してくれたりアドバイスをくれました。

私は今まで知らなかった秘訣や方法をいくつか学びました。このクラスはとても楽しくて、参加できてとても幸せです。スペイン料理の作り方を学べるので、他の料理のクラスに参加するのが今から楽しみです。また、このクラスに参加した事で他のティアトゥラの生徒と出会えて、仲良く出来る機会となりました。私達は一緒に参加した事で非常に有意義な時間を共に過ごす事が出来、美味しいパエリヤも作れて非常に満足しています。この写真からわかるように、非常に美味しかったです。みなさんも是非参加して楽しんで下さい!!!
Valeria, Intern at Tia Tula.

私もパエリヤの作り方は常々学びたいと思っていました。羨ましい限りです!!!何度かスペインでパエリヤを食べましたが、本当に美味しいです!特に日本人は主食がお米なので、日本人の口にも合うと思います。私も早く参加してみたいです!

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

8/19から8/23の課外活動

8月も後半に入りましたね!日本の友人達の浴衣姿や花火の様子を見ると日本が少し恋しくなりつつありますが、サラマンカ、ティアトゥラでも楽しいイベントがたくさんありますよ!!!

それでは、8/19から8/23の課外活動です。

8/19(),18:00pm: - サラマンカの天上へ行こう! かつては古い図書館があった所です。今はサラマンカを象徴する1つとなっています。
費用2ユーロ 集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 45分

8/20(),17:30pm:-YINCANA- ヒントを元にサラマンカについて知りましょう!
最も早く終わったチームには記念にブログで記事を書いてもらいます!
(最少人数は、2つのグループからで、1つのグループは2名です。)
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測) 1時間30分
8/21(), 18:00pm: サラマンカのほら穴- サラマンカの古いほら穴の神秘的な歴史をお伝えします!
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測) 45分

8/22(), 17:00pm: 映画 EL LABERINTO DEL FAUNO - Guillermo del Toroの作品で2006年のものです。
集合場所: ティアトゥラ 上映時間 112分

8/23(), 19:00pm: タパスを食べに行きましょう!- Van Dyck通りにタパスを食べに行きましょう!
費用大体6ユーロ 集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測) 1時間30分

各アクティビティ参加のためには、事前にレセプションで申し込みが必要なので注意しましょう。(最小催行人数は3) 費用について記述がない場合は、そのアクティビティは無料となります
ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

スペイン語の起源はどのようなものでしょうか。

スペイン語は世界中でよく話されている言語の1つで、貿易、国際関係、観光などのおかげで最も大切な言語の1つとなっています。

スペイン語の起源の歴史はとても魅力的で、特にスペイン語を勉強し始めようとしているなら、ちょうど興味がある話だと思います。

まず初めに3つの大きな時代について述べます。
・中世、または古いカステジャーノ(10世紀から15世紀)
 (カステジャーノはスペイン語の標準語の事を指します)
・近代スペイン語 (16世紀から17世紀)
・現代スペイン語 (1713年のスペイン王立アカデミーが設立された年から今日)
 

様々な侵略、例えばローマ人やゴート族、ケルト人、アラブ人の影響の下言語は変化しました。
カスティージャとアラゴンは同盟を組んだ15世紀の終わりから、カスティージャ(今日カスティジャーノと呼ばれる)が公用語に変わりました。そして、布教や征服によりラテンアメリカまで広がりました。
(カスティージャ王国で話されていた言語がカスティジャーノ)
疑いなく、スペイン語の歴史で、最も権威のあるスペイン王立アカデミーは大切な役割を果たし、新語を造り、国際的に使われる単語を取り入れた文法のルールを決めました。
そして1713年にスペイン語の文法は標準化されました。
今日、特に科学や科学技術の新たな発見により、スペイン語の用法として取り込まれた海外の単語がたくさんあります。

数年前に、公用語をスペイン語と呼ぶのかカスティジャーノと呼ぶのかという討論が開かれた事があります。ある人々はカステジャーノはカスティージャの共有言語に由来すると主張し、他の人々はスペイン語という用語はより総称したもので、ガリシア語やバレンシア語、カタランやバスク語なども含まれていると主張します。最終的には彼らはカスティージャの言語を示す為にはカステジャーノという用語使った方がより正しいと考えました。

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

サラマンカの未知なる場所に行ってみよう。

本日は地図が大好きな仲間のお話です!!!

サラマンカは小さい都市で、歩いて街を散策するのはとても簡単です。あなたがサラマンカ、そしてティアトゥラに到着したばかりの新しい生徒だとしても、心配する事はありません。何故ならティアトゥラは、問題なくあなたが暮らし始められるように必要な全ての情報を与えるからです。

サラマンカの地図を持つ事は不可欠です。そうすれば道を聞くのも簡単です。学校では授業初日に全ての生徒に1冊地図を渡しています。

私は常に地図を持ち歩いています。既に破けてしまっていますが。特に地図は私のようにスペイン語を習い始めた人には役に立ちます。特定の場所に行く時に道やお店で探している所を尋ねる時に役立ちます。このおかげで、サラマンカの人達が優しい事に気付きました。少ない言葉で、地図に印をつければ現在地から目的地まで行けるんです。すでに私は忘れないように大切な場所は地図で印をつけています。例えば、最近見つけた靴屋さんや、見つけたばかりの新しい美容院、授業を取り始めた美術教室、オイスターソースや他の材料が売っている小さい中国のお店などです。私のお気に入りのお店がどんどん増えていくのを見るのがとても楽しいです。

ある人々は特に行くあてを決めずに歩くのが好きという人もいますよね。私もその一人です。歩いている間に素敵な場所に出会ったり、知らなかったレストランを見つけて外の風を浴びながら冷たい飲み物を飲むのもいいですよね。

私は元々地図を見て歩くという事が苦手でしたが、サラマンカに来て得意になった気がします!サラマンカはあまり大きくないので歩いていろんな所に行けまので、是非お試しください!!!

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/


8/12-8/16の課外活動

サラマンカは今日からまた気温が上がり、日差しが強くなってきました!
そして、今週の木曜日は祝日なので通常はお休みですが、ティアトゥラでは生徒のみんなが旅行に行けるように、木曜日に授業をして金曜日がお休みになっています。嬉しい制度ですね!

8/12から8/16の課外活動です。

8/12(),18:00pm: - 修道院へ行こう!ドミニコ会修道院にある典型的なサラマンカの庭を見に行きましょう。 欲しいものがあれば修道院の修道女達によって作られた甘いお菓子達を直接買う事が出来ます。
費用2ユーロ 集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 45分

8/13(),19:30pm:-料理のクラス- ARROZ NRGRO(イカ墨のパエリャ)
どのようにイカ墨のパエリャを作るのかを学び、その後一緒に食べましょう!!!
費用7ユーロ 集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測) 1時間
8/14(), 19:30pm: タパスを食べに行きましょう!- 中心街にタパスを食べに行きましょう!
費用大体6ユーロ 集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測) 1時間30分

8/15(), 祝日 (この日は授業はありますが、課外活動はありません。)
聖母被昇天の日…イエスキリストの母、聖母マリアが亡くなった後に霊魂も肉体もともに天国に行ったとされ、カトリック教会や正教会の神学や伝承として信じられています。

8/16(), 11:00am: 映画 ALATRISTE - Agustín Díaz Yanesの作品で2006年のものです。
集合場所: ティアトゥラ 上映時間 140分


各アクティビティ参加のためには、事前にレセプションで申し込みが必要なので注意しましょう。(最小催行人数は3) 費用について記述がない場合は、そのアクティビティは無料となります
ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

シエスタ

皆さんはシエスタをご存知でしょうか?

シエスタとはスペイン語でお昼もしくはその時間の昼休憩(13時から16時)を指す言葉で、サラマンカでも多くのお店が閉まります。サラマンカでは大体14時から17時半の間に閉まっている事が多く、その時間は1日の中でも最も日差しが強く暑い時間帯となっています。また、スペインでは昼食の時間も14時頃からと少し遅めになっています。シエスタがあると聞くとあまり働いていないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、午前中4時間働き、シエスタの後にまた4時間働くので彼らも一日に合計8時間働いている事にはなります。

しかし、EUの統合により、公務員は2006年1月1日よりこのシエスタ制度が廃止されています。またマドリッドやバルセロナなどの大都市でもシエスタは少なくなってきています。

また人の身体の1日のサイクルとして、午前中に活力が上昇し、正午頃が最も高く、午後2~3時に頃にかけて低下します。そして4時過ぎに再び上昇し数時間活性化した後、就寝時間に向けて再び低下し、就寝中の深夜2~3時に最低になると言われています。この話を聞くとシエスタは人の身体の仕組みを上手く利用した制度なのではと考えさせられます。

日本は韓国に次いで2番目に世界で睡眠が少ない国とされています。睡眠が少ないとストレスを感じやすくなります。短時間のお昼寝は疲労回復にも役立ち、午後の作業効率も上がるのです。シエスタは心身共に健康的な生活が送れるのです。


またシエスタはスペインの代表する文化であると思います。シエスタには昼食を家族と過ごそうとするスペイン人の温かい心と、のんびりした生活、そして仕事は最小限生活をする為で、人生を楽しみたいという気持ちが伝わってきます。この独特の時間の流れ方をするスペインとシエスタを好むスペイン人が私は大好きです。

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

日本人留学生へのインタビュー

さて今回は、ティアトゥラに留学に来ている日本人学生のみゆきに突撃インタビューです!
現在ティアトゥラには私を含め2人しかいません!日本人の割合が少ないのも良い所ですよね!
留学を考えている皆さんにとって、いろいろ気になることがあると思うので、生の声を聞いてみたいと思います!


1. スペイン語を学ぼうと思った背景・目的は?
大学でスペイン語を専攻していたので、より話せるようになりたかった。仕事というより、様々な国の人と話がしたいと思った。

2. 留学期間は?
1年間

3.サラマンカを選んだ理由は?
サラマンカは綺麗なカスティジャーノ(スペインの公用語)を話していて、学生都市なので真面目に勉強が出来る。物価が安く暮らしやすい。

4. 目標と期待する成果は?
DELE(スペイン語の試験)のB2に受かる事と現地の人と問題なく会話が出来るのが目標。
成果としてはスペイン人の友達がたくさん出来て、彼らは私のスペイン語が上達するように協力してくれて、問題なく話せるようになった。DELEは今後の課題。

5. 未来の留学生に一言!
ティアトゥラはアットホームでみんな仲良くてクラスが違っても仲良く出来ます!先生も優しくてアクティビティが多いのでお勧めです!

との事でした!私もDELEが今後の課題です。。。11月に試験があるので頑張らなきゃです!みなさんからも聞きたいことがあれば是非コメント欄に記入してください!!!


ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

8/5-8/9の課外活動

まさに、プールや海に入るのが気持ち良い時期ですね!皆さんは行きましたか?
私はプールや海には行かない代わりに、サラマンカに来てから毎週のように巻き寿司を友人達の為に作っています!日本食が外国の人に人気なのは嬉しい事ですよね!
それでは、今週も頑張りましょう!!!

8/5から8/9の課外活動です。

8/5(),18:00pm: - サラマンカを知ろう!サラマンカ市内にある主要な建築物を見て、サラマンカの歴史を知りましょう。
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間

8/6(),17:30pm:-映画 TAPAS - José Corbachoの作品で2005年のものです。大きな都市の労働者地区を舞台にしていて、様々な話が絡み合っています。
スペイン語の映画で、更にスペイン語の字幕があります。
集合場所: ティアトゥラ 上演時間 94分
8/7(), 18:00pm: お菓子を持ってピクニックをしましょう!- トルメス川かJesuitas公園でピクニックを楽しみましょう!
☆私達がお勧めするゲームを楽しむ気持ちと、お菓子を持ってくるのを忘れないで下さい!
集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測) 1時間30分


8/8(), 16:30pm: プール - 日焼け止めを塗って、タオルと水着を持って。。。San Joséのプールに涼みに行きましょう!!!そして、サラマンカの素敵な景色も楽しみましょう!!!
費用3.29ユーロ 集合場所: ティアトゥラ 行程時間(予測) 1時間30分

8/9(), 19:00pm: ボートでお散歩 トルメス川にボートを漕ぎに行きましょう!(1つのボートは2人乗りです。)
☆7日の水曜日の14時までに必ず名前を記入して下さい。
費用3.50ユーロ 集合場所 ティアトゥラ 行程時間(予測): 1時間30分



各アクティビティ参加のためには、事前にレセプションで申し込みが必要なので注意しましょう。(最小催行人数は3) 費用について記述がない場合は、そのアクティビティは無料となります
ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)http://www.supein-supeingo.com/

スペイン料理の用語に慣れよう!

私が初めてスペイン来て、私にとって最も大変な事の1つは、私の注文したいものを頼むためにレストランのメニューを理解することでした。初めは、私のクラスメイトの何人かもそうだったようにかなり混乱しました。しかし、私の混乱は解決しました。何故ならTiatulaのアイリーンが説明してくれたからです。私が理解出来るように手伝ってくれたアイリーン、ありがとう。
多くのBarやレストランではメニューは大抵は黒板に書かれ、それらの上には異なる用語、Tapas,Pinchos,Racionesなどが書いてあります。私は違いがわからなかったし、何を意味するのか推測する事も出来ませんでした。そこで、これらの用語に関する情報を探し、質問し、これが私の調べた結果です。


PinchoはPincharという動詞から来ています。たとえば、ハムのピンチョスは伝統的に一欠けらのパンとハムをくっつける為に爪楊枝で穴を開けます。しかし、バスク地方の食べ物が進化したように、現在の食べ物はパンと爪楊枝がついているのを見る機会は少ないです。TapaはTaparというスペイン語の動詞に由来し、覆うという意味です。昔、蚊が入ってくるのを防ぐ為に覆った事に由来します。スペインの多くの都市では大皿でみんなで取り分けるものをRacionと呼び、半分のサイズのものをMedia racionと呼びます。そして、この4分の1をTapaと呼びます。

また、サラマンカにいるとサンドウィッチ、
Bocadillos,Bocatasという用語も見掛けると思います。
これらの間には違いがあります。サンドウィッチは今日、小麦のパンで作られたもので、一方、Bocadillo,Bocataはバゲット(固焼きフランスパン)で作られました。
スペインにいると、私もそうだったように、知らない用語に出会うと思うけど、知識を広めて行きましょう。そして、とにかく、スペイン料理を楽しんでください!!!

Debra, estudiante en Tia Tula

ティアトゥラスペイン語学校ホームページ(日本語)
http://www.supein-supeingo.com/